2010年10月23日

プリンター(ブラザー・マイミーオ)を分解・修理してみる。

プリンターを分解、修理しました。

↓こいつです。ちなみにお客様のではなくウチのです。
2009_1204_191303.jpg

一般的なユーザーに人気があるのはキヤノンやエプソンか、テレビショッピングなどで必ず出てくる「hp(ヒューレット・パッカード)」あたりでしょうが、コレはちとマイナーなメーカー・ブラザー(日本じゃミシンが有名ですし、業務用FAXとかは北米でかなりのシェアです。念のため)の複合機MyMio MFC-830CLWNです。


一般的な複合機は、プリント、スキャン、コピーといった機能を持っていて1台3役以上をこなせる便利グッズですが、こいつは更なる特徴として、

・ネットワーク印刷対応で、ケーブル差し替えなしに複数台のパソコンから印刷できる。
・コードレス電話(しかも子機2台)も内蔵している。
・もちろんFAXもついている。


FAXの買い換えを考えていた時、近くのヤマダ電機で見かけた19800円の処分品を衝動買いしてしまったのでした。はっきり言って写真画質は悪い(現行の機種ではかなり良くなってます。これも念のため)ですが、写真印刷には別のプリンターを使うし、問題ありません。

それから2年半。インクのかすれが目立つようになり、やがて各色ともヘッドクリーニングをしても線が入るようになってしまいました。
そしてクリーニングを繰り返しているうちに、廃インクパット(廃インクタンク又は廃インク吸収パット。ヘッドクリーニングなどで使った余分なインクを吸収する)が満タンになってしまったとの表示が・・・。

こうなるとメーカーに送り返してその「廃インクパット」を交換するしかありません。プリンターならいずれは出てくる「修理宣告」です。

得てしてプリンターというものは使用頻度が少ないほど故障を起こしやすいのですが、ウチのこやつはチラシや仕事用の書類印刷などでほぼ2〜3日おきには使い、おまけにFAXという役目も背負っていますから、運動不足でも過労でも良くないのは人間と同じのようです。

そして早いとこ修理に出すべと思ってブラザーのウェブページを見ると、なんと修理代金が一律12600円!確かに多機能な複合機ではあるけど、それでも高い!

そう思っていたら、なんと知り合いから「スキャナー部分が壊れて買い換えたから古いの捨てたいけど、何とかならないか?」と、似たような機種を引き取ったのでした。
調べてみると、発売時期がほぼ同じで形も似ているブラザーMFC-615CL。確かにスキャナーは動かないが、印刷は全く問題ない。ということは、

これの廃インクパットとか部品を移植できんだろうか?
よっしゃ。バラしてみたれ!どうせこれで壊しても修理代は同じや!

続きを読む
posted by パソコンサポートオーノ at 20:50| Comment(4) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。